FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
グレープフルーツに含まれる物質がC型肝炎を抑制

グレープフルーツに含まれるフラボノイドであるナリンゲニン(naringenin)にC型肝炎ウイルス(HCV)の感染細胞内での分泌を抑制する働きがあることが米ハーバード大学(ボストン)医学部の研究によって示され、医学誌「Hepatology」5月号に掲載された。

世界人口の約3%がHCVに感染しているとされるが、現在の標準的な治療薬であるインターフェロンとリバビリンが効果を示すケースは約50%にとどまり、重大な副作用の可能性もあるという。最近の研究からは、HCVがリポ蛋白(たんぱく)のライフサイクルに関連しており、リポ蛋白の代謝に影響を及ぼす化合物やサプリメント(栄養補助食品)がHCVにも作用する可能性が示されていた。

今回の研究では、感染細胞が超低比重リポ蛋白(VLDL)に結合しながらHCVを活発に分泌することが示された。研究グループによると、感染細胞のアポリポ蛋白B(アポB)のmRNAをサイレンシング(過剰な遺伝子の発現をゲノムが自ら抑制する機能)すると、アポB-100およびHCVの分泌がともに70%減少するという。

研究グループはさらに、グレープフルーツに含まれるナリンゲニンについて試験した。過去の研究で、ナリンゲリンがVLDLの分泌を阻害することが示されている。その結果、ナリンゲニンが感染細胞のHCV分泌を80%減少させることを突き止めた。しかし、腸壁でのナリンゲニンの吸収率は低いため、治療量の投与には注射を用いるか、腸の吸収率を高める物質と併用する必要があるという。

研究グループはこのほか、ナリンゲニンをはじめグレープフルーツに含まれるいくつかの成分が顕著な薬物相互作用を示すことも指摘している。今後の研究では、動物モデルおよびヒト肝細胞の長期培養株を用いて、ナリンゲニンやほかの柑橘(かんきつ)類のフラボノイドがウイルス量を減らす長期的な効果について検討する予定だという。
( 2008年5月6日HealthDayNews)


グレープフルーツには、風邪の予防や美肌効果、ダイエット、疲労回復などの効能があるとよく耳にします。
さらに調べてみると、がん予防、皮膚や粘膜の強化、老化防止や便秘解消、心臓の強化、ストレス解消…などなど、たくさんの効能・効果が見つかりました。
そして今回、C型肝炎(HVC)を抑制するという働きがあるということが発見されたそうです。
しかも、どうやら、現段階でのHVCに対する標準的な治療薬よりも効果が高いようですね。
ただし、治療に必要な量を摂取するにはただ食べればよいというわけではなく制約付きではあるようですけど。

副作用の可能性のある薬で治療するよりも、副作用のない食品でウィルスをしっかり予防、抑制できれば理想的ですよね。
さらなる、有効な研究結果が発表されることを期待します。


しかし、このグレープフルーツにも、薬の作用を増強して思わぬ症状を引き起こすことがあると言われています。
いくつかある中でも、代表的なものが、降圧剤として使用されるカルシウム拮抗剤との相互作用で、これらを合わせて服用すると、薬が効きすぎてしまい、血圧を下げ過ぎて、めまいや頭痛、起立性低血圧などの症状を引き起こす危険があるとのことです。同時に摂取する場合だけでなく、薬剤服用の10時間前から2時間後の間で効果は持続するそうです。

先日、「ビタミンEの補給」についてのニュースも紹介しましたが、身体に良いとされているものが必ずしも、プラスの作用だけではないということをきちんと知っておくべきなんですね。