FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
雑誌などで取りあげられている骨盤のゆがみは、開いているとか、閉じているとか、ねじれているとか、色々ありますよね。

ですが、多少のゆがみはあっても心配はないんですよ。
仮に、閉じていたり開いていても大して問題はありません。

カラダには許容範囲がありますから、見た目で多少ゆがんでいるように見えても、気にかける必要はないのです。



それともう一点。

関節や筋肉は二つの矛盾した要素を満たしていなければなりません。

それは「支える」と「動く」ということ。

「支える」ということは、グラグラと「動かない」よう固定するという方向。

「動く」ということは、安定して支えるという状態から離れて、不安定な中で使っていくという方向。

見た目の支え方だけを気にしていても、よろしくない。
肝心の「動く」という点がおろそかになっていると不十分となります。

「支え方」での開いている、閉じているなどの改善は、バランスさえ取ってあげればすぐに回復できます。

問題は、「動き」の方。
これは、より動かしやすい方向に導いても、ご自身で使いこなしていかないと、使えなくなるのはあたり前ですよね。

動かせる状態であれば、多少支え方のバランスが崩れても、自らの動きの中で調整可能です。
すると、多少の支え方のゆがみは、影響なくなります。

骨盤が動くのは、歩くといった体を動かす場面や、呼吸のときなどです。
もって生まれた特性もありますが、これらの場面できちんと動いていてほしいところですね。
呼吸時のように無意識に動いている場面でも、きちんと可動してもらうには、その分、ふだんから動けるように習慣づけていかないといけません。

骨盤だけを単独で動かすことは、構造上自分の意志では不可能ですから、使うために重要なのは『股関節』の動きとなります。


見た目の支えて方だけを気にするのではなくて、動きにも注目することが重要なんですよ。