FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
骨盤は、真中にある仙骨、両側にある寛骨(かんこつ:腸骨、坐骨、恥骨の総称)とによって作られていますが、骨盤のもつ動きの機能を整える上では、仙腸関節をしっかりと使いこなせることが重要となります。

この仙腸関節、解剖学的には「半関節」という分類がされていて、この関節のみを単独で動かすことはできません。
そのため、この関節を動かすためには、他の関節の動きに連携させながら作用させるということが必要となります。

その代表格が、股関節です。

股関節の、屈曲(脚を前方に挙げる)、伸展(脚を後方に挙げる)、外転(脚を外に開く)、内転(脚を閉じる)、外旋(ガニ股の動き)、内旋(内股の動き)という動きに合わせて、仙腸関節に動きをもたらすのです。

股関節の動きに制限があると、それに連動した仙腸関節の動きも損なわれますから、きちんと使いこなせるようにしておきたいものです。