FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
睡眠についてのニュースや研究報告などはこれまでにも数多くご紹介してきましたが、より良い睡眠は、今現在の健康状態に関係するだけでなく、老後の健康にも関与しているようです。


健全な睡眠は健康な老後につながる

正常な睡眠を取っている人は健康的な老後を過ごせるという知見が、米ボルティモアで開催された睡眠専門家協会(APSS)年次集会(SLEEP 2008)で報告された。
米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究グループは、60歳以上の女性2,226人を対象に、睡眠薬の使用、日中の眠気、居眠り、不眠、早朝覚醒、いびき、総合的な睡眠の質および睡眠時間について評価を行った。その結果に基づき、20.8%の女性が「健康的な老い」を達成していると分類された。

研究グループによると、日中の居眠りが少ないことと、不眠への不満が少ないことが最も深く老後の健康に関連しており、睡眠薬の使用と老後の健康との間には直接の関係は認められなかったという。睡眠障害が重度であるほど老後に関する自己評価が低く、本人の認識と実際の年齢との差が大きかった。この知見は、健康のためには十分な睡眠を取ることが最も重要であるという考えを裏付けるものであり、医療専門家は患者の年齢に関わらず睡眠について留意する必要があると、研究を行ったSonia Ancoli-Israel氏は述べている。

高齢者の多くは必要な睡眠が取れておらず、その主な原因の一つが入眠困難である。65歳以上を対象とした過去の研究では、男性の13%、女性の36%が入眠までに30分以上かかることがわかっている。高齢者は眠りが浅く、夜間に目が覚める(中途覚醒)頻度も高い。また、若年者に比べて早い時間に眠くなり、朝早く覚醒する傾向がある。睡眠不足は抑うつ、注意力や記憶力の低下、日中の眠気、夜間の転倒および睡眠薬の使用の増加など、数々の問題の原因となるほか、肥満、心疾患および糖尿病などのリスク増大をもたらすという。
(HealthDay News 6月12日)


今回の知見により、健康のためには十分な睡眠を取ることが最も重要であるという考えが、さらに、裏付けられたようです。

睡眠不足は、“生活習慣病”や“高血圧(女性)”のリスクを高めるという研究報告もありましたが、近い将来だけでなく、老後を健やかに過ごすためにも、今からしっかり、質の良い睡眠をとることを心がけることが大切なようですね。