FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
今年も無事に越冬しまして、新しい芽(葉?)もしっかりと出てきたサンスベリア。
入口すぐの、下駄箱の横に置いてあるのですが、皆さん気づいてくださるようで、
「あ!出てる!!」
と仰ってくれます(笑)。

さて、このサンスベリア。
当院に彩りを与えてくれている観葉植物の中では、“最古参”でございます。
それはまだ、開業準備をしていた頃のこと。
内装を終え、掃除をしながら、備品等の到着を待っていた時に、開業のお手伝いに来てくださっていた方が、
「オープンしたら、たくさん花や観葉植物が届くだろうから、それまでの間置いといて。何もないと淋しいでしょ?」
と、ご自宅で育てたものを持ってきてくれたのです。
そして、もう一人、一緒にお手伝いに来てくださっていた方が、
「これは大きくなるから。」
と、葉を支えるリングや、“洒落てるでしょ?”と、装飾品をプラスしてくださり、まだ何もない、ガランとした院内に、鮮やかな緑を与えてくれたのでした。

そしてオープンを迎え、とてもありがたいことに、たくさんのお花や観葉植物をいただきました。
あっという間に、花と緑でいっぱいになり、二月の雪降る中でも、院内は色とりどりの植物にあふれていました。お祝いしてくださった方々には本当に感謝しております。

所狭しと植物を飾る中、サンスベリアは“植物が届くまでの間”ということでしたが、開業前から見守ってくれていたサンスベリアです。
その後もしっかり、飾らせていただきました。
お話しいただいていた通り、その後は、瞬く間に大きくなり、大きくなりすぎたものはカットしたりしながら(これも教えていただき、最初はカットしていただきました)、今も元気に育っています。

“たんぽぽと一緒に育ってきたんだなぁ…”
と、しみじみ。
たまにはこうして、成長している緑を眺める時間も必要ですね。


元気に育っているサンスベリアに負けないよう、たんぽぽも頑張ります。