FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
残念…。

平泉、登録延期に 世界遺産委が決議

カナダのケベックで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第32回世界遺産委員会は6日(現地時間)、「平泉の文化遺産」について世界遺産の「登録延期」を決議した。国際記念物遺跡会議(イコモス)の「登録延期」勧告を受け、日本政府は巻き返しを図ったが、評価は覆らなかった。日本の推薦遺産としては初めて「登録」を逃したが、推薦書を再提出し、再度「登録」を目指す。

 世界遺産委員会の新規登録物件の審査は、6日(現地時間)から2日間にわたってケベックシティ・コンベンションセンターで行われ、「平泉」を含む42件の登録の可否を審査。

 審議は非公開で、イコモスが「登録延期」勧告の理由などを説明した後、委員国21カ国(議長国・カナダ)が登録の可否を協議。宮舘寿喜副知事ら県、地元3市町関係者が審議を見守った。

 協議の末、4段階評価のうち3番目にあたる「登録延期」で結審。より綿密な調査や推薦書の本質的な改定を求められた。世界遺産は近年、保全管理面から新規登録を抑制する傾向にあり、登録へのハードルが高くなっていることも厳しい評価につながったとみられる。

 日本政府は引き続き「登録」を目指し、推薦書の作り直しに入る。ユネスコに推薦書を再提出した後、イコモスの審査を再度受ける必要があり、再審査は早くて2年後となる。

 「平泉の文化遺産」は2001年、世界遺産暫定リストに登載。06年、「平泉―浄土思想を基調とする文化的景観」の名称で、日本政府がユネスコ世界遺産センターに推薦書を提出した。

 5月、推薦書や現地調査を基に、イコモスが「登録延期」を勧告。浄土思想の世界的意義や構成資産との関連性などについて「証明不十分」と指摘していた。

 関係者は、昨年同様の勧告を受けながら「逆転登録」を果たした石見銀山遺跡(島根県)を教訓に巻き返しを図っていた。
(2008/07/07 岩手日報)



「逆転登録」を期待していた一県民としましては、やはり、とても残念です。
再審査に向けて、推薦書の作り直し等を行うようなので、次回に期待します。

前回の登録延期の時にも書きましたが、平泉が素晴らしい遺産であることには変わりないんですけどね。


まだ見たことがない方はもちろん、訪れたことがある方も、是非とも、平泉へと足を運んでみてくださいね。