FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
少し前のものですが、睡眠関連の研究報告です。

いびきをかく人は気管支炎になりやすい? 研究発表

いびきをよくかく人は慢性気管支炎になりやすいとする研究結果が、米医学会(American Medical Association)の28日の機関誌「Archives of Internal Medicine」に掲載された。

 高麗大学(Korea University)の安山(Ansan)病院の研究チームは、2001-2006年に4270人(男性52%、女性48%)を対象に調査を実施。各人に対して2年ごとに、家族の病歴や健康状態、ライフスタイル、いびきの頻度について聞き取り調査を行った。

 調査期間中に314人が慢性気管支炎を発症したが、発症率をいびきをかくグループと全くかかないグループで比較すると、週に6-7回いびきをかくグループは68%、週に5回以下のグループは25%高いことが分かった。

 またこの傾向は、たばこを全く吸わない人、在宅勤務者、肥満の人で高いことも明らかになった。

 研究チームは、「いびきにより繰り返される振動が気管を圧迫し、気管上部の炎症を招いているのでは」と推測しているが、いびきと気管支炎の関係には不明な点が多く、さらなる研究が必要だとしている。
【1月30日 AFP】



いびきと気管支炎の関係には不明な点が多く、さらなる研究が必要とのことですので、詳しく解明されればと思います。

ところで、この“いびき”ですが、ここ最近、質問が多く寄せられましたので、せっかくですから、ちょっとだけ説明。

いびきの原因は一口には言えず、鼻やのど、歯のかみ合わせ等の問題が原因ということがありますので、まずは、耳鼻咽喉科など、専門医への受診をおすすめしています。
そこで問題がないとすれば、枕の高さをはじめ、寝具がその時の身体にとって最適でない可能性があります。

こういったことを踏まえた上で、有効と思われる範囲でカイロプラクティック的なアプローチをしていきます。

カイロプラクティックでアプローチできる範囲は、首やアゴ、胸部、鎖骨周辺のゆがみなどによって呼吸に制限を与えてしまっている場合。

このような場合には、呼吸が楽に行える状態を目安にゆがみを整え、コリや緊張、制限をリセットしていきます。

ご参考まで。