FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
ストレッチをするとき、伸ばすターゲットの筋肉に力を込めてしまっていませんか?

ターゲットの筋肉の反対の作用を持つ筋肉群を収縮させることで、ターゲット筋を新調させ、それによって伸ばしたい筋肉にストレッチの効果が現れます。

意外と多いのが、伸ばしたい筋肉に力を入れることで(緊張させることで)、その筋肉に、つっぱり感を生じさせ、それが効いているストレッチと錯覚しているケース。

これは、ストレッチそのものがカラダにいい・悪いといった問題ではなく、また、フォームがいいとか悪いといった次元の話でもなく、間違った感覚で行っている自己満足ストレッチです。

自ら作り出した緊張をストレッチ感と思いこみ、ちゃんと伸ばしていると錯覚してしまう、このようなストレッチを行っていると、言われているような効果が期待できないばかりか、筋肉を伸びきったゴム状態に陥れかねません。

ストレッチの方法論やプログラムの組み方だけでなく、実施が適切なのかということにも注意したいものですね。