FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
中等度から重度の変形性膝関節症の治療に、理学療法と薬物療法に関節鏡下手術を加えても、それによる利益は生じないようです。

手術は言われているほどの恩恵をもたらしてはくれないようです。

手術をするか、しないかの選択は、くれぐれも慎重に!!


変形性膝関節症の治療に関節鏡視下手術を併用しても利益なし


変形性膝関節症の治療に関節鏡視下手術を併用することは広く行われているが、その有効性を支持するエビデンスは乏しい。カナダ・西オンタリオ大学のAlexandra Kirkley氏らは、中等度から重度の変形性膝関節症患者を対象に、関節鏡視下手術の単一施設無作為化比較試験を行った結果、「理学療法と薬物療法に関節鏡下手術を加えても、それによる利益は生じない」と報告した。JAMA誌2008年9月11日号より。

理学・薬物療法との併用の有無で2年後に効果を比較

患者は無作為に、理学療法と薬物療法および関節鏡下手術(外科的洗浄と壊死組織切除)の併用群(手術併用群)と、理学療法と薬物療法だけの対照群に割り付けた。主要転帰は、2年時点の追跡調査で測定したWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)の合計スコアとした(range=0~2,400、高値ほど重症)。副次転帰はShort Form-36(SF-36)Physical Component Summaryスコア(range=0~100、高値ほど良好なQOL)とした。

手術併用の優位性示されず

手術に割り付けられた患者は92例。このうち6例は手術を受けなかった。比較対照群の86例は、全員が理学療法と薬物療法だけを受けた。

2年時点のWOMACスコアの平均値(±SD)は、手術併用群は874±624だったが、対照群は897±583だった。手術併用群スコアから対照群スコアを差し引いた絶対差は-23±605だった(95%信頼区間:-208~161、ベースラインのスコアと重症度で補正した後のP = 0.22)。

SF-36スコアは、手術併用群が37.0±11.4、対照群が37.2±10.6だった(絶対差:-0.2±11.1、95%信頼区間:-3.6~3.2、P = 0.93)。

中間受診の際のWOMACスコアと他の副次転帰を分析しても、手術併用の優位性を示すことはできず、Kirkley氏は「変形性膝関節症に対して、関節鏡視下手術を理学療法と薬物療法に併用し行っても、付加的利益は示されなかった」と結論付けている。(武藤まき:医療ライター)
[2008/09/24(水) CareNet.com]