FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
プライマリケアとは、地域住民のあらゆる健康、疾病に対し、総合的・継続的に、そして全人的に対応する地域の政策と機能のことを指すようです。
つまり、患者さんが最初に接する医療の段階のこと。
いわゆる家庭医がその役割を担うということになるわけですが、残念ながら、約3分の1は1年後も完治していないという報告のようです。
オーストラリアでの報告ですが、日本でも同様の傾向はあるのではないでしょうか。(私見です)



プライマリケアでの急性腰痛患者の約3分の1は1年後も完治していない

急性の腰痛でプライマリケア・クリニックを受診した患者の予後はそれほど良好ではなく,患者の約30%は1年後も完治していないと,オーストラリアのグループがBMJの7月19日号に発表した。
 この所見は,プライマリケアで管理された発症2週間未満の急性腰痛患者973例(平均年齢43.3歳,男性54.8%)を1年間追跡したコホート研究から得られた。腰痛の回復は仕事への復帰,機能の回復,痛みの消失までの期間により評価された。
 1年間の追跡率は97%以上であった。登録時点で仕事を減らしていた患者のうち半数が14日以内に,83%が3か月以内に以前の仕事の状態に戻っていた。腰痛による身体的障害および痛みが解消するまでの期間の中央値は,それぞれ31日,58日と長かった。1年後に完全に腰痛が回復した患者は72%にとどまった。
 高齢,強い痛み,初診までの腰痛の期間,初診までの腰痛による活動性低下の日数,抑うつ感,危機感などが,腰痛回復までの時間の長さと関連していた。
[Medical Tribune 2008年8月7日(VOL.41 NO.32) p.55]