FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
睡眠不足によってもたらされる弊害は、まだまだあるようです。

睡眠不足で高まる心臓病リスク、 自治医大

【11月11日 AFP】睡眠不足は心臓病リスクを高めるとする自治医科大学(Jichi Medical University)による研究結果が10日、米国医学会の機関誌「Archives of Internal Medicine」に発表された。 

 同大の江口和男(Kazuo Eguchi)教授が主導する研究チームは、高血圧と診断された1255人について、昼間と夜間の血圧、睡眠時間、心血管疾患の発症頻度を平均50か月間観察。この間、99例の心血管疾患が発生した。このうち1日あたりの睡眠時間が7.5時間未満の被験者における発症頻度は、観察人年2.4%だったのに対し、7.5時間以上の睡眠をとった被験者では同1.8%と、リスクが低下した。

 また、夜間に血圧上昇が見られる人も、心臓病が発症しやすい傾向にあることがわかった。

 こうしたことから自治医大の研究論文は、1日あたりの睡眠時間が7.5時間を切ると、脳卒中や心臓発作などの心血管疾患のリスクが、33%高まると結論付けている。

 これまでの研究で、睡眠不足は、肥満や糖尿病のほか、心血管疾患の危険因子となる夜間の高血圧、睡眠時無呼吸症などを誘発する傾向があることがわかっている。(c)AFP


記事中にもあるように、睡眠不足による体重増加や生活習慣病のリスク拡大など、様々な悪影響を紹介してきましたが、心臓にも影響を及ぼしているんですね。
現代社会において、なかなか、十分な睡眠時間をすぐに確保するというのは難しいかもしれませんが、まずは、睡眠不足による弊害を知っておくことが大切かもしれませんね。