FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
気持ちが重い時、体が疲れているような時、

思わず「ふ~~っ・・・」とでてくる 『ため息』。



一般的に、マイナスイメージが多いため息ですが、

ため息は “はく” ではなく “つく” というよう表現からもわかるように、

本来はそんなマイナスから回復するために、

体が「つけてきている」感覚だと言われています。



伝統的な整体や操体法などで言う『ため息』の

“ため”は“溜め”や“止め”という意味ではなく

“撓め(たわめ)”だそうです。

つまり『ため息』は『たわめ息』。

体を十分に“たわめる”、そしてふぅ~と脱力する。


心身のリセットという観点からも、

上手に『ため息』を大いに活用したいところですね。