FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
歩くときなど、腿の裏側のハムストリングスがアクセル、

前側の大腿四頭筋がブレーキの役目をします。

下り坂をおりてくるときなどにはブレーキを十分利かせるため、

大腿四頭筋は頑張って働いてくれます。

一方、早歩きやランニングをするときなどは、アクセルとして働く、ハムストリングスが、

頑張ってくれないといけません。

ところが、早歩きやランニングをしたとき、ハムストリングスよりも大腿四頭筋の方が、

頑張ってしまう方がいらっしゃいます。

つまり、アクセルをふんでいるのに、同時にブレーキをかけてしまっているのです。

歩く、走る、という動作でも、どこを優先的に使うかによって、

もたらされる効果や負担は変わってきます。

一度、チェックしてみてはいかがでしょう。