FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
慢性腰痛に悩まされている方は多く、テレビや雑誌などでも頻繁に特集されるほどです。

そうした中で、このようなガイドラインも作成されるわけですが、もう少し具体性のあるものが欲しいところですね。




慢性腰痛がある人に適した運動

慢性腰痛があると、周期的に痛みが襲い、ソファから動けなくなることもある。

状態のよいときに運動をすれば、腰痛の再発予防に役立つ。

新しく運動を始める前には必ず医師に相談する必要があるが、米ミシガン大学ヘルスシステム(アナーバー)は、運動と腰痛について以下のような一般的なガイドライン(指針)を示している:

・ウォーキング、水泳およびサイクリングなどの負担の少ない運動は、一般に腰痛のある人にも安全である。

・筋肉の痛みや硬直があるときは、運動前に温水シャワーを浴びる。

・ゆったりした服を着る。靴は履かない。

・痛みを生じる運動はしない。

・腹筋運動、腰ひねり、前屈のほか、体を後方へ反らすような運動は避ける。

・サッカー、アメリカンフットボール、バレーボールなどの激しい運動は避ける。

・重いものを持ち上げるなど、腰に負担のかかる運動は避ける。

(HealthDay News 11月17日)




ところで、

靴は履かないっていうことの根拠っていうのは、何なのでしょう・・・


腹筋運動を避けるというのは?? 
・・・・腹筋が弱いせいだという理由づけは、これまでの定番だったのに、腹筋運動はしなくていいようですね。


いろいろツッコミたくなるガイドラインですね・・・