FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
70代以上の高齢者、気持ちの上では実際より13歳若い 米研究

【12月6日 AFP】70代以上の高齢者は、実際の年齢よりも平均で13歳若い意識をもっている――。老年学の専門誌「Journals of Gerontology」で発表される研究結果で明らかになった。

 この研究は、70代以上の男女516人を対象に6年間にわたって行われた。それによると、高齢者は実際の年齢よりも平均で13歳若いという意識をもっていたことが明らかになった。また、女性の方が男性よりも、実際の年齢に近い意識を持っているという。

 この研究の共同執筆者の、米ミシガン大学(University of Michigan)の心理学者、ジャッキー・スミス(Jacqui Smith)氏は、「人びとは一般的に、実際の年齢よりも相当若い意識をもっている」と語った。

 実験の参加者は当初、実際の年齢よりも平均で10歳若い意識があるとしていたが、実験が終了するころになると、実際の年齢との差は7歳にまで低下していた。

 スミス教授らは、今後発表予定の別の研究でも、若いと感じる意識と健康増進、長寿が関連していることも指摘しているという。(c)AFP


アメリカでの研究報告ですが、日本でも似たような結果が出るのでしょうか。
実際、若々しい70代以上の方はたくさんいらっしゃいますよね。
実際の年齢を聞いてビックリ!なんてことはよくありますし。
“実年齢よりも若いと感じる意識”がそうさせているのでしょうか?

文末に、
「~今後発表予定の別の研究でも、若いと感じる意識と健康増進、長寿が関連していることも指摘しているという。」
とありますが、確かに、実年齢より上と意識するよりも、下と意識する方が、元気に活動できそうですし、その結果健康増進・長寿につながりそうですよね。