FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
筋肉には、一つの関節にだけ作用する筋肉と、

複数の関節に作用する筋肉とがあります。

一つの関節にだけ作用する筋肉のことを「単関節筋」、

複数の関節に作用する筋肉を「多関節筋」といいますが、

一般に、多関節筋は、身体の表層に多く、単関節筋を覆います。

そして、姿勢や、動作の改善においては、深層にある単関節筋肉のあり方に

変化を与えることがポイントになることが多いものです。

痛みへのアプローチにおいては、遠隔的な施術で効果が出ることも多くありますが、

その局所に働きかける必要なケースがあるのも、構造的な層の視点から見ていくと、

こうした理由になるようです。