FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
日本女性の謎?

肥満度:日本人女性だけ「減少」 10代後半から20代

 日本人女性の肥満度を示す体格指数(BMI)が、10代後半から20代にかけて減少に転じ、他国では見られない特有の傾向であることが、菅原歩美・筑波大研究員(内分泌代謝科)らのチームの研究で分かった。米疫学誌の5月号に発表する。菅原さんは「やせていることのイメージは良いが、実際は健康や出産への悪影響が指摘されている」と話す。

 一般に、BMIは6歳ごろから増加する。日本の国民健康・栄養調査と、同様の調査を持つ米国、韓国のデータを調べたところ、米国男女と韓国、日本の男性は、10歳以降はBMIが増え続け、韓国女性は18歳ごろ増加が止まり、20代は横ばいだった。一方、日本女性は、15歳ごろ増加が止まり、20代は年齢とともに減少した。

 また、58年以降の日本女性のBMIを解析した結果、50~59年生まれの女性が10代後半から20代前半だった70年ごろ、一斉にBMIが減り始めた。

 若い女性のやせは、摂食障害やうつ傾向、骨密度の低下を起こしやすく、出産時に低出生体重児になる確率が高い。曽根博仁・同大教授は「やせることを勧める風潮が強いが、若い女性のやせは深刻だ。70年ごろを境にやせ願望が強まった背景を探りたい」と話す。【永山悦子】

 【ことば】BMI(体格指数)

 国際的に肥満度を示す指標として使われ、体重(キロ)÷身長(メートル)の2乗で算出。日本肥満学会は18.5未満をやせ、22を標準、25以上を肥満とする。

(2009/4/7 毎日.jp)


記事によると、こういった現象が見られるのは、日本人女性特有の傾向なんだそうです。
何故なんでしょう…???これは、詳しく知りたいところですね。

肥満がもたらす身体への弊害もありますが、必要以上に痩せようとすることでまた新たな弊害を生んでしまいます。
身体の動かし方や鍛え方など、多種多様な方法が入ってきて、「痩せていることを良しとする」という風潮から「程よく筋肉のついたバランスのとれた身体を良しとする」という風潮にだいぶ変わってきているとは思うのですが、その一方で、“○○ダイエット”といった、単品の食事だけで体重を落とすような方法がたちまち大ブームになるのも事実。
“今だけではなく、将来を見据えた身体づくり” という意識に、一人一人が、変えていかないといけないかもしれないですね。