FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
以前「時差ぼけの予防には絶食が効く可能性」という記事を紹介しましたが、絶食とまではいかなくても、炭水化物の量を減らすことで、時差ぼけの改善につながるようです。

炭水化物:量で時差ぼけ改善も 減らすと体内時計進む 産業技術総合研究所が発見

 マウスに、炭水化物を極端に減らし脂肪分を増やした餌を食べさせると、体内時計が4~8時間程度進むことを産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の大石勝隆・生物時計研究グループ長らが見つけた。将来は、食事の工夫で時差ぼけを改善したり、眠りの時刻がずれて夜更かし・朝寝坊になる睡眠障害などの治療につながる可能性があるという。

 米科学誌「動脈硬化、血栓症、血管生物学」電子版に24日、論文が掲載された。

 炭水化物を極端に減らした食事をとると、エネルギーを脂肪から作り出すため、体内の脂肪分解が進むことが知られている。

 以前から脂肪分解と体内時計の関係を調べてきた研究チームは今回、「炭水化物0・73%、脂肪94・8%」という特殊な餌(ケトン体食)を作り、マウスに14日間、食べさせた。その後、体内時計遺伝子の一つで、24時間弱の周期で働きが変わる遺伝子「ピリオド2」の働きを調べた。

 すると、働きが最も強まる時刻が、通常の餌を食べたマウスより4~8時間早まり、変化の周期も15~20分短くなった。一方で、血液中で血栓を溶かしにくくする成分「PAI-1」の濃度が、通常の3~4倍になっていた。

 大石グループ長は「体内時計を調節するメニューが開発できるかもしれないが、血栓による病気の可能性への注意が必要だ」と話している。【高木昭午】
(毎日新聞 2009年7月25日)



「将来は、食事の工夫で時差ぼけを改善したり、眠りの時刻がずれて夜更かし・朝寝坊になる睡眠障害などの治療につながる可能性があるという。」
と、ありますので、これがきちんと確立されれば、睡眠障害で悩む方にも光が見えてきますね。