FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
アイスコーヒーが美味しいこの季節、久しぶりに、コーヒーネタを二連発でお届けです。

コーヒー摂取量多いと肝がんリスク低下-厚労省研究班

厚生労働省の研究班はこのほど、「コーヒー摂取量が多いと、肝がん発生リスクは低くなる」とする研究成果を公表した。

 この研究は、日本に住む約10万人から、生活習慣や健康に関する情報や血液を提供してもらい、10年以上にわたる長期の追跡調査によって、どのような生活習慣を持つ人が、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などになりやすいのか、またはなりにくいのかを明らかにする目的で行われている。

 このほど公表したのは、茨城県水戸、新潟県長岡、大阪府吹田、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古の6保健所管内に1993年に住んでいた40-69歳の男女約2万人を2006年まで追跡調査した結果に基づいて、コーヒー摂取と肝がん罹患との関連などを調べたもの。
 研究対象の男女1万8815人(男性6414人、女性1万2401人)のうち、追跡調査の期間中、110人(男性73人、女性37人)に肝がんが発生した。
 研究班では、研究開始時の質問票を基に、コーヒーの摂取量によりグループ分けし、最も少ないグループと比較して、それ以外のグループで肝がん発生リスクがどの程度になるかを調べた。

 その結果、コーヒーについては、「ほとんど飲まない」に対し、「1日1杯未満」は67%、「1日1-2杯」は49%、「1日3杯以上」は54%となり、それぞれ肝がん罹患のリスクが下がっていた。
 また研究班では、肝がん最大のリスク要因であるC型、B型など肝炎ウイルス感染の有無による違いも調査した。C型肝炎ウイルス感染者でも、「ほとんど飲まない」に対し、「1日1杯未満」56%、「1日1-2杯」40%、「1日3杯以上」78%と、それぞれリスクが下がった。
 研究班では「コーヒー摂取量が多いと、肝がん発生リスクは低くなる」と結論付けている。

 ただ、研究班では、肝がん罹患者の8割以上がC型またはB型肝炎ウイルス陽性者だったことを指摘し、その予防にはまず肝炎ウイルス検査を受け、感染していた場合には、肝臓の専門医の治療や経過観察を受けることが重要だとしている。
 詳しくは、厚労省研究班による多目的コホート研究のホームページで
 http://epi.ncc.go.jp/jphc/
(2009/07/28 医療・介護CBニュース)


ただし、ただ飲めばいいというわけでもなく…

アイスコーヒー飲料、ダイエットの敵にも=英調査

 [シドニー 27日 ロイター] アイスコーヒー飲料が好きならば、飲んだ後はディナーは我慢するか、ジムに行ったほうが良いと英国のがん研究団体が警告している。アイスコーヒー飲料には、夕食1回分に相当するカロリーのものがあるからだ。

 ワールド・キャンサー・リサーチ・ファンド(WCRF)は、英国内にある大手コーヒーチェーンのスターバックスやカフェ・ネロ、コスタ・コーヒーなどが販売しているアイスコーヒー飲料を対象にカロリー調査を実施した。

 最も高カロリーだったのは、スターバックスの「ダークベリー・モカフラペチーノ」のベンティサイズ(最大サイズ)で561キロカロリー。多くのアイスコーヒー飲料が200キロカロリーを上回っていた。

 専門家によると、健康的な体重を維持するために必要な1日当たりの摂取カロリーは女性が約2000キロカロリー、男性が2500キロカロリー。ダイエット中ならば1000─1500キロカロリーに抑えるべきだという。

 WCRFのレイチェル・トンプソン博士は「こうした飲み物を定期的に摂取していると、肥満になる可能性が高まり、がんや心臓疾患、糖尿病になるリスクも高まる」と指摘する。
(2009年 07月 28日 ロイター)


せっかくコーヒーに身体に良いとされる効果・効能があっても、砂糖やクリームたっぷりでしたら、当然のように、身体によろしくない影響も…。

飲み方や飲み過ぎにはくれぐれもご注意ください。