FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
股関節骨折は、その後、寝たきりになるなどのリスクも高くなります。
身内など身近にそうした方がいないと、なかなかピンとこないという人も多いようですが、日ごろの運動や栄養摂取など、出来るところから少しでも予防に努めていきたいものです。

股関節骨折のリスクが高い人
股関節骨折では非常に重症化する危険性がある。米国整形外科学会(AAOS)による、股関節を骨折した人は、同年代の人に比較して、1年以内の死亡率が18%も高い。

自分ではコントロールできない要因もあるが、リスク軽減のためにできることもある。同学会は、股関節骨折リスクを上昇させる因子として、下記のようなものを挙げている:

・65歳以上。
・女性。
・特にアジア系、もしくは白人系で、高齢になって骨折した人が家族にいる。
・痩せ型。
・食事からのカルシウム摂取量の不足。
・飲酒量が過剰、もしくは喫煙。
・視力障害や関節炎がある。あるいはバランス感覚が不良。
・めまいや衰弱を引き起こす可能性のある治療薬を服用している。
・認知症。
(HealthDay News 8月26日)