FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
上後鋸筋(じょうこうきょきん)と言う筋肉があります。

この筋肉は、第6頸椎から、第1~2胸椎(解剖学書によっては、第3や第4)に

かけてを起始として、第2~5肋骨角外側に付着します。

呼吸をするとき、とくに吸気において、肋骨を上方へと引く作用がある筋肉です。

ひど~い肩こりの方は、よくある、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、胸鎖乳突筋、

斜角筋などの、肩こり(首こり)における、代表的なこれらの筋肉の状態を、

指標にするだけでは不十分で、この上後鋸筋の状態を回復させないと、

なかなかリセットされにくいものです。