FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
膝を曲げると現われる、痛みとこわばりがつらいという女性が来院。

病院では、骨や軟骨などにも異常はなく、筋力不足と診断され、

それ以後、ウォーキングなども行うようにしていたが、

症状は変わらずに続いているので、別の病院へ。

ここでも、同様に、骨や軟骨などには異常はなく、「筋肉を鍛えよう」と

言われたようです。


一通り、状態をチェックさせていただいて、

浮かび上がってきたのが、膝蓋大腿関節の制限と外側広筋。

とうわけで、これを整えたところ、正座でのこわばりは多少残ったものの、

しゃがむことや、しゃがんだままの姿勢で数歩、歩くことは可能になりました。




正座するとか、しゃがむというように膝を曲げる時、

大腿四頭筋の一つである外側広筋は、

単純に短く収縮するのではなく、

大腿骨を中心軸にして後方へ移動しながら収縮します。

外側広筋のこうした動きが悪くなると、

膝が痛い、膝を曲げようとするとこわばる、といった症状の

隠れた原因となってしまうこともあります。

こうした機能を回復させずに、

やみくもにウォーキングをしたり、スクワットをしても、

たいした効果は得られず、逆に、痛みを強めてしまうこともあります。



私たちが日頃行っている「身体を整える」ということは、

こうした、身体が本来持っている機能を、

可能な限り、取り戻していくお手伝いなのです。