FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
股関節を柔らかくする上で、下記の4つの動きをつなげて

動かすとよいと紹介しましたが、補足です。


 ①股関節屈曲位+外転+外旋位
          ↓ 
 ②股関節60度屈曲位で、外転+外旋位
          ↓
 ③股関節屈曲・伸展0度で内旋位
          ↓
 ④股関節伸展位+外転+内旋位
          ↓
      再び①に戻る


股関節には、強靭な靭帯が、その関節周囲を覆っています。

上記①のポジションは、股関節周囲の靭帯が、
               全体に緩んだ位置となります。

上記②のポジションは、機能的に股関節のニュートラルポジションと
               考えられています。

上記④のポジションは、不動肢位とも呼ばれ、
               靭帯の緊張度が最も高まる位置です。


つまり、①から④を繰り返すと、靭帯の弛緩位置と緊張位置とを

往復することになります。



無理のない範囲で、この動きを反復することで、

総合的な靭帯の柔軟性が回復していくと、

考えられているのです。