FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
昨日の続きです。

(先日参加したセミナーでの、もりおか心のクリニック 上田均先生の講演内容のまとめです。)


うつ病になりやすい素因
 -まじめな人ほどうつになりやすい-
  ・几帳面、完璧主義、真正直
  ・がんばり屋で自分の中に閉じこもる人
  ・融通がきかない
  ・内向的
  ・心配症

うつの誘因(引き金)
 ■ストレス
   ・近親者の死・別離(喪失体験)、財産問題、引っ越し、配置転換・昇進、
    人間関係、荷降ろし(ストレス状態からの解放)

 ■からだの病気
   ・甲状腺機能低下・亢進症、糖尿病、インフルエンザ、肝炎、パーキンソン病、
     脳動脈硬化症、脳出血・梗塞、アルツハイマー病、リウマチ関節炎、
     がん、手術後、人工透析

 ■さまざまな薬
   ・降圧剤、副腎皮質ホルモン、潰瘍治療薬、鎮痛剤、抗腫瘍剤、
     免疫抑制剤、抗結核剤


うつの原因
 -脳の故障とはいっても眼には見えません-

   ■ 神経細胞は脳内で複雑なネットワーク(電気回路)を形成している。
     その回路のスイッチの働きをしているシナプスと呼ばれる部位がある。

 -スイッチの故障-
   ■ シナプスの神経伝達物質の減少
     うつ病の原因(スイッチの接触不良)と考えられている。

うつの治療
 -薬と急用が重要-
  ・薬物療法(抗うつ薬)と休養(何もしないこと)が、うつ病治療の車輪の両輪
   ※何もしない … “気分転換”(例:温泉に行く 等)は、NG。
     気分転換ができるうちは、「うつ」ではない 
   
 -抗うつ薬はなぜ効く?-
  ・抗うつ薬は神経伝達物質を増やす働きがある。
  ・効果が出てくるまで2~3週間かかる。

うつが治るまでのパターン
  ・うつは「良くなったり悪くなったり」を繰り返しながら、徐々に回復する。

患者さんと接するためのポイント
 -家族・友人ができること-
  ・はげましもなぐさめも逆効果、温かく見守りましょう。
  ・考えや決断を求めることはやめましょう。
  ・外出や運動を無理にすすめず、とにかくゆっくり休ませましょう。
  ・重要な決定は先延ばしにさせましょう。
  ・家事、仕事などの日常生活上の負担を減らしてあげましょう。
  ・できるだけ通院に付き添い、受診に同席しましょう。
  ・病気であることを理解してあげましょう。
  ・きちんと薬を飲むように気をつけてあげましょう。



もう少し続きます。


※この記事は、うつ病が、カイロや整体の施術でよくなるという意味での記述ではありません。単なる個人的な勉強の記録です。