FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
またまた、昨日の続きです。
(先日参加したセミナーでの、もりおか心のクリニック 上田均先生の講演内容のまとめです。)

職場とうつ病
 1.ストレス病の1種である
 2.職場の構成員の年齢がちょうど好発年齢にあたる
 3.まじめなタイプがなりやすい
 4.軽度の場合は外からわかりにくい
 5.自殺、欠勤多発、退職の危険につながる
 6.治療により職場復帰は十分可能
 7.職場復帰によって構成員の一同に心の病気も回復可能なことを知ってもらえる

職場でしてはいけないこと
 ■無知と無神経
  ・うつは心が弱いからなる
  ・病気じゃない、性格だ
  ・うつは治らない
  ・薬に頼るのが悪い
  ・邪魔だ、迷惑
  ・すっかり治ってから出てこい

部下を「うつ」にする上司
  □ 細かいミスばかり指摘して褒めない上司。
  □ 部下の相談を抱え込む上司。
  □ 相談しても適切な指示もなく問題を抱え込む上司。
  □ 飲みに誘うだけで正面からコミュニケーションできない上司。
  □ 責任逃れをする上司。話を聞いて一緒に困るだけの上司。
  □ 休みを取らない長時間残業に無頓着な上司
  □ 朝早く、夜遅くまでいる上司。アフター5・休日を無視して会議する上司。
  □ ナルシストの上司と有能すぎる上司。
  □ 社内からの注目や賞賛をモチベーションにしている有能上司。
  □ カラオケでマイクを離さない上司。デュエット好きの上司
  □ それでいていつも「割り勘」にしている上司。
  □ 部下の話が聞けない上司。
  □ すぐに励ます上司。すぐに叱りつける上司。すぐに支持をする上司。
  □ うつ病に無理解な上司の発言リスト。これが最悪の問題上司です!
  □ 「うつになるなど心が弱い、気の持ちようだ。」
  □ 「うつは遺伝だ。」「本人に問題がある。」(自分と組織に問題がある?のです)
  □ 「怖い病気だ、一生治らない。」(うつは治せます。)
  □ 「くせになるから薬は飲むな。」(とにかく医師に任せましょう。)
  □ うつ病にもともと関心がない上司。
  □ プラス思考の話がやたらに好きな上司。
  □ 怒りっぽい、すぐキレる上司。
  □ 新しい意見や新人を軽視して、異見・異聞を吸い上げない上司。

                  渡辺 卓:(株)ライフバランスマネジメント 代表取締役社長

自分でできるケア
 -うつにならないために・再発しないために-

  ■自分自身を知る
    ・「まじめで几帳面」 「融通がきかない」 などの性格を自覚していると、
     ふだんから無理をしない、ストレスの原因となるものを避けるなどの対処が
     可能になります。

  ■ゆとりのある生活をする    
     ・何事にも完ぺきを目指すのではなく、「八分目ぐらいがちょうどいい」と
      考えるようにしましょう。
      休んだ遅れを取り戻そうと、頑張りすぎないこと。

  ■物事に優先順位をつける    
      ・大切なものから順番に片づけましょう。
       終わらなかったときは「明日やればいい」と考えたほうが、
       効率的な場合が多いものです。

  ■なんでも自分一人で抱え込まない

  ■マイペースの生活を

  ■生活・環境の変化に注意する



続く


※この記事は、うつ病が、カイロや整体の施術でよくなるという意味での記述ではありません。単なる個人的な勉強の記録です。