FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
昨日の記事にも登場した「鵞足(がそく)」とは、

薄筋、半腱様筋、縫工筋が

共通して脛骨(けいこつ:スネの骨)にくっつく部位のことを指します。

膝の斜め下、内側にあるこの部分に起こる痛みを、

整形外科的には、鵞足炎といいます。


おおざっぱにいって、

薄筋は、恥骨と脛骨とをつないでいます。

半腱様筋は、坐骨と脛骨とをつないでいます。

縫工筋は、腸骨と脛骨とをつないでいます。



鵞足に痛みがある場合、

三つの筋肉のうち、どれが引き金になっているかを、

検査で鑑別して、上記のような解剖学などと照らし合わせて、

薄筋が引き金であれば、恥骨と脛骨との関係性を整え、

半腱様筋が引き金であれば、座骨と脛骨との関係性を整え、

縫工筋が引き金であれば、腸骨と脛骨との関係性を整えていきます。



ひとくちに、膝の痛みといっても、

大腿骨と脛骨、膝蓋骨(ひざのお皿)だけを診るのではなくて、

骨盤と脛骨との関係を診ていく/整えていく

というところが、重要です。

筋肉へのアプローチだけにとどまらず、

このような観点から、それぞれの関係性を整えていきますから、

施術後は、痛みの軽減に加え、膝の動かしやすさも大きく変わってくるのです。