FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
一口に猫背といっても、その背景は、さまざまあります。

中には、背中が丸くなっていることは、二次的な問題で、

腕が前に入り込み過ぎていることが、

崩れの原因になってしまっているという方もいらっしゃいます。


前上方にポジションをとっている上腕骨を

リセットするときなどには、関節包の緊張が均一になる45度の位置で、

関係する筋肉の状態をチェックして、それを踏まえて、

上腕骨のポジションを整えていきます。


ちなみに、肩の関節(専門的には、肩甲上腕関節)を包む関節包は、

腕を外側方向に45度挙上したときに、その張力は均一になります。

立位や座位で、腕を下ろしていると、関節包の上方が緊張して、

腕を挙上していくにつれて、関節包の下方の緊張が高まります。

基本的には、腕を外旋させると、後方に移動してくれます。



こうして、腕のポジションが落ち着くと、

首や肩、上背部の余分な緊張も解けて、

ゆとりのある姿勢を取り戻すことが、出来ます。


あなたの猫背は、このタイプかもしれませんよ。