FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
先月、もりおか心のクリニック 上田均先生のうつについての講演のまとめを

4回にわけて記録しましたが、

もっと知りたい「職場のうつ」 セミナー行ってきました
もっと知りたい「職場のうつ」 セミナー行ってきました②
もっと知りたい「職場のうつ」 セミナー行ってきました③
もっと知りたい「職場のうつ」 セミナー行ってきました 最終回

うつに関連した記事がありましたので、書き留めておきます。


うつ6割に体の痛み=医師の認識と差-患者ら調査

うつ病患者の6割が身体的な痛みを感じるものの、患者の多くに痛みがあると
考える医師は3割強にとどまることが、製薬会社2社による「うつの痛み」
情報センターのインターネット調査で分かった。痛みが原因で、半数以上の人が
年に1カ月以上仕事を休んでいた。
 
調査は昨年12月、過去5年以内にうつ病と診断され治療薬服用中の有職者と、
月1人以上うつ病患者を診察している医師それぞれ約300人を対象に実施した。
 
うつに伴う体の痛みを経験した患者は59.9%、なしが40.1%。
一方、痛みが多くの場合にある、または常にあると認識している医師は33.6%だった。
 
うつ病の診断前に、痛みが症状の一つだと知っていた患者は5人に1人だけ。
わずらわしい痛みの症状は頭痛(33.7%)が最多だが、背中(24.7%)、
体全体の漠然とした痛み(25.8%)も多かった。
 
痛みがある人の51.1%が、痛みが原因で年に1カ月以上仕事を休んでおり、
休みが0日だった人を含めた平均日数は106.7日だった。
(12月7日 時事通信)




この記事にあるように、患者さんと医師との間の認識の差の中で、

原因がはっきりしない身体的な痛みからの回復を希望して、

カイロや整体などを受けに来る方も、少なからずいることでしょう。

先日のセミナーの中の話でも、

うつ病と診断された方は、内科や脳神経、婦人科、整形外科などを経て、

最終的に診療内科へたどりつくというケースが多いそうですから、

今後も、うつ病と診断される前の段階の方が、

来院される可能性もあるかもしれません。

その方にとっての最善な歩みを提案することが重要ですから、

そういう可能性がある場合には、まずは、

専門医への受診をお勧めしますので、ご了承くださいませ。