FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
肩の痛みがあるという男性。

数年前に、四十肩と整形外科にて診断され、

痛みそのものは一年もしないうちによくなったそうですが、

今月になってから、肩の付け根に痛みを感じるようになったとのこと。

整形外科では、痛み止めと、シップが処方され、

安静が指示されたようです。


ちなみに、「ここが痛いんです」と、

指を指している箇所は、烏口肩峰靭帯のあたり。

周囲も含めて触診し、いくつか検査してみると、

肩峰下のスペースが、だいぶ窮屈になっておりました。



そもそも、烏口肩峰靭帯には、

棘上筋を上方から押さえることによって

上腕骨頭を関節か方向に引き付ける滑車としての

機能があります。

一般に、変性して肥厚した靭帯は、

硬くなって、圧迫をかけても押し返してくる弾力が

乏しくなるといわれております。

ここに、ほんとにわずかであっても、

遊び(ゆとり)を回復させると、

関節周辺の状態は変化して、使いやすくなります。



施術前、ご本人は、

「また、四十肩になっちゃったの?それとも後遺症?」

と、おっしゃっていましたが、施術後は、

「この感じじゃ、早く良くなりそうで、よかった」

と、安心されたご様子でした。



靭帯が・・・とかいうと、話も大きくなってしまいますが、

カイロ・整体的に、関節などの遊びを回復させ、

ゆとりを取り戻すと、こういう効果を引き出すこともできるものです。

同様の症例などで、

すべての場合で劇的に効果を出せるというわけではありませんけど、

少しでもお役に立てたとき、施術家を志してよかったと思うものです。