FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
股関節を取り巻く靭帯には、主に、

腸骨大腿靭帯、坐骨大腿靭帯、恥骨大腿靭帯があります。

これらの靭帯と周囲の筋肉の張力が、

股関節の全ての動きを適切な範囲にコントロールしています。


股関節の動きの方向と靭帯について、まとめてみると、

 伸展…全ての靭帯が緊張

 屈曲・内転…全ての靭帯が緩む


 外旋…腸骨大腿靭帯(転子部)、恥骨大腿靭帯が緊張して、
      坐骨大腿靭帯が緩む。

 内旋…腸骨大腿靭帯と恥骨大腿靭帯が緩んで、
      坐骨大腿靭帯が緊張する。

 外転…恥骨大腿靭帯と腸骨大腿靭帯の下部、坐骨大腿靭帯が緊張して、
      腸骨大腿靭帯の転子部が緩む。

 内転…腸骨大腿靭帯の転子部が緊張して、
      腸骨大腿靭帯の下部、坐骨大腿靭帯、恥骨大腿靭帯が緩む。



開脚の可動範囲を広げたいということで、

開脚のストレッチを頑張っていらっしゃる方々、

無理しすぎて、傷めてしまわないよう、

ご注意下さいませ。