FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
姿勢のバランスが崩れている場合、その修正には、

「引き算」の感覚が大切です。


例えば、左右の肩の高さが違っていて、

それが構造的な問題ではなく機能的なもので、

右肩が上にあがっているとします。

相対的に左肩は下がっていますが、こちらは問題なしとします。


こうした場合、

「右肩があがっていますね」と声をかけてそれを指摘すると、

大抵の方々は、自らあがっている右肩を下げようとします。

この右肩を下げるという行為は、「足し算」で行う修正となります。

右肩があがっているという状態になるための原因、

例えば、肩をあげる(すくめる)筋肉に

力を込めっぱなしで、関連する関節の制限などを

そのままにしたまま、

右肩を下げる筋肉に力を込めて、

見かけ上、左右の肩を水平にしようとするのです。

もともとの肩をあげてしまう(すくめてしまう)要素は

そのまま残したまま、新たに肩を下げる要素を

「足し算」してしまうのです。

こうした見かけ上の修正を繰り返していくと、

身体のゆとりを次第に失っていき、

カチカチに力んだ身体になってしまいます。

右肩があがっているという状態をリセットするには、

肩を下げることを頑張るのではなく、

右肩をあげてしまう要素を、取り除く、

つまり「引き算」をする事が必要なのです。



同様に、健康維持のために、筋肉を鍛える、筋力をあげる、

ということに代表される「足し算」だけではなくて、

本来は必要ない頑張りを強いられている要素を

「引き算」していくという感覚も大切なのです。