FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
インナーユニットを構成する骨盤底の筋肉と

脊柱の両脇、深部にある多裂筋をうまく使いこなせると、

骨盤の中央にある仙骨のポジションを安定させることができます。

骨盤底にある左右の腸骨尾骨筋と尾骨筋の両側性の収縮は、

仙骨を起きあがらせます。

多裂筋の収縮は、仙骨をうなずかせる動きを与えます。

骨盤底の筋肉と多裂筋は、協力して、

仙骨の位置をコントロールする力となるのです。

仙骨がこれらの筋肉によってしっかりと支えられると、

背骨の安定感も高まります。

骨盤エクササイズなどでは、

このポイントを押さえずにやみくもに行っても、

思うような効果は得られないので、ご注意あれ。