FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
インナーユニットの中で、腹直筋の深部にある

腹横筋の持っている役割も重要です。

腹横筋は、とくに腰椎の安定化に深いかかわりがあります。

この筋が収縮すると胸背筋膜の外側で張力が増加して、

腹腔内圧が上昇します。

腹腔内圧が上昇した状態というのは、

コルセットなどで、腰部を圧迫・固定した状態です。

この腹横筋の作用によって、

コルセットを巻いた時と同じ状態を作り出すことができる機能が

私たちには、備わっているのです。

また、アウターユニットの筋肉と連動するとき、

腹横筋の収縮は、胸背筋膜を介して後仙腸靭帯の張力を増加させ、

骨盤の閉鎖力を強くしますから、

骨盤の安定感を高める上でも重要なのです。