FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
インナーユニットをエクササイズしていう方法は、

バランスボールを使ったり、

ストレッチポールを使ったり、

ピラティスを用いたりと、さまざまなものがあります。

しかし、方法は正しくても、

意識が鍛えたいインナーマッスルに向いていなければ、

なかなか効果は出てこないものです。

インナーユニットの使い方、鍛え方の基本的な方法は、

「腹部をへこませる」ということで大丈夫です。

具体的には、腹直筋で腹を引っこめるという感覚ではなくて、

へその裏側が背骨のほうから引っ張られて、

結果、腹がへこむということになります。

腹直筋主導でお腹をへこませると、

へそを背骨方向に押し込む感覚になってしまいますので、

注意したいところです。



意識を向ける方法として、例えば、腹横筋の場合、

腰骨の前側のでっぱり(専門的には、上前腸骨棘)の

内側のところに指をあてて、

わずかに緊張感を感じるぐらいの収縮をさせ、

お腹を引き込めればOKです。


多裂筋の場合では、背骨の両側に指をあてて、

お腹を引いたときに、その部分に張りが出ればOKとなります。


実際やってみると、筋肉をガンガンと使っているという感覚よりも、

意識を集中させて「こんな程度の力加減でいいの?」と

物足りなさを感じる程度の感覚になるかと思います。

もともと、インナーユニットは、姿勢を維持する筋肉ですから、

大きな力を必要とはしません。

そのかわり、四六時中姿勢を保持するために、

働き続けなくてはならないので、筋持久力が必要とされます。

一見すると、弱い収縮しか求められない

エクササイズの方法になりますので、

一回一回は、物足りなさを感じる方もいらっしゃるかと思いますが、

常に使い続けるために、姿勢を変えながら、

こまめにエクササイズを試みることが大切です。

それは、インナーユニットの筋持久力の向上にもつながります。