FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
スネにある脛骨と外側に、腓骨という骨がありますが、

この脛骨と腓骨とがつくる関節の動きは、

下肢のバランスを保つ上で非常に重要です。



脛骨に対する腓骨の動きは、

膝の曲げ伸ばしという動作や

足首の背屈、底屈という動作で、

わずかにですが可動し、

それは、触診によっても確認できます。

しかし、

膝が曲がっている場合での

足首の動きに対応した腓骨の動き方と

膝が伸びている場合での

足首の動きに対応した腓骨の動きとでは、

動き方が、正反対となるところが

施術上でもポイントなんですよね。


こうした違いが、

つま先を立てておけば、正座の形はとれるけど、

足の甲まで床につけた完全な正座のスタイルは出来ない

というような違いを、起こすことにもつながるのです。