FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
血圧やコレステロールなどが、さまざまな疾患を招く要因となることは、

これまでもメディアなどで報道されている通りだと思いますが、

高くなってしまった血圧やコレステロールを下げてさえおけば、

健康で長生きできるとは限らないようです。

今回の報告も、これまで認識されていた

コレステロール値と脳卒中についての見解とは

異なる結果となっていて、

今後の研究が興味深いですね。



脳卒中死亡率、コレステロール値高い方が低い!?

コレステロール値が高く、高脂血症と診断された人の方が、そうでない人よりも脳卒中の死亡率が低く、症状も軽くなるという調査結果を、東海大の大櫛陽一教授(医療統計学)らがまとめた。

 一般には高脂血症は動脈硬化を引き起こすため危険と考えられており、今後、議論が高まりそうだ。

 大櫛教授らは動脈硬化が一因とされる脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)で入院した患者計1万6850人を対象に、高脂血症の有無と死亡率、症状の強さを比較した。

 その結果、脳梗塞で入院した患者のうち、高脂血症でない9851人が入院中に死亡した割合は約5・5%だったが、高脂血症の2311人の死亡率は約2・4%にとどまった。脳内出血や、くも膜下出血でも、高脂血症があると、死亡率は半分から3分の1だった。 【7月13日 読売新聞】