FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
これまで、自分自身の身体感覚の中で

「のどを開く」という感覚が、

イマイチしっくりとこない感じでしたが、

何気ないところから、思わぬヒントが。


それは、

『あくび』


『あくび』をする時の「のど」は、

自然に大きく開いていることに気がつきました。


意識的に『あくび』をするような感じで大きく息を吸い込んで、

そのまま口を閉じてみると、「のど」は開いた状態になってくれます。

その状態で、静かに呼吸をしてみると、

ふだんよりも大きくて深い横隔膜、胸郭の可動を感覚できます。

まだ、慣れていないせいか、

必要以上に首や肩に力がこもってしまいますが、

少しずつ、身体に、なじませていきたいと思います。