FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「歩いていて、まっすぐに足が出ていない気がする」

としう女性から相談を受けました。


実際に歩いていただくと、足の運びにクセがあり、

それは膝の使われ方として、表出されていました。

膝の関節は、基本的には、

曲げる、伸ばすといった方向への運動をしますが、

股関節や足首との関連性によって、

内側や外側へのねじれの動きも持ち合わせています。

このねじれの動きが、足の使われ方の狂いを生じさせて、

まっすぐに足を踏み出しているつもりの自分の感覚と、

実際に行われている動きとの誤差を起こしていたようです。

繊細な身体感覚を持ち合わせている方にとっては、

ごくわずかな動きの誤差でさえ、

身体の不調、アンバランスとして認識されてしまいますから、

この方のように、

「まっすぐに足が出ていない」

と感じてしまうのかもしれません。



膝には、身体運動において、

身体のクッションとしての働きの他に、

方向指示器としての働きがあります。


身体には、もともと、

膝の向いている方向に導かれていく、

という特徴があるのですが、

他に、方向指示器としての作用を持つ

眼球運動や頭・頸部の動きなどが、

うまく連携・連動出来ていないと、

調和のとれていない動きや、

感覚的にしっくりと行かない動きになってしまうこともあります。