FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
興味深い報告です。

アレルギー反応と体内時計との関係ですか・・・納得ですね。

巷には、「時間医学」というジャンルもあるそうで、

以前、それに関する本を数冊読んだことがありますが、

そうした分野と種々の疾患との関連性がより明らかになれば、

医療的に最適な治療や投薬などのタイミング(時間)も

確立されていくのかもしれませんね。

そしてこの流れは、

整体などの領域でも、

大きな関わりが出てくるのではないでしょうか、おそらく。



アレルギー反応、体内時計が制御…山梨大

 じんましんなどアレルギー反応は、体内時計に制御されていることを、山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)の研究チームがマウスの実験で明らかにした。

 アレルギー性疾患の新たな予防や治療法の開発につながる可能性があるという。米国の学会誌に近く掲載される。

 中尾教授は、鼻炎やぜんそくの症状が朝方に悪化することが多いなど、アレルギー反応が特定の時間帯に起きやすいことに着目し、睡眠や血圧など一日のリズムを制御する体内時計がアレルギー反応と関係しているとの仮説を立てた。実験では、体内時計で中心的な役割を果たす遺伝子を変異させてマウスの体内時計を乱した。その結果、特定の時間帯だけでなく、一日中アレルギー反応を示すようになったという。

(2011年2月17日 読売新聞)