FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「部分は全体をあらわし、全体は部分をあらわす」

という考え方があります。

これを、身体の診方という観点ではなく、

施術での方向性という観点に当てはめてみると、

細部への働きかけによる、

小さな範囲での身体の変化の積み重ね、集合が

全身の変化を生むといえます。

また逆に、

どうしても変化し難い局所の問題を、

それ以外の全身的な変化をもって解除させていく、

ともいえます。


アプローチの方向性は、

ケースバイケースなのですが、

最近の施術は、以前にもまして

身体の細部にアプローチすることが

多くなっています。

それ相応の集中も使うので、

途中、思いっきり無口な時間が

流れてしまうこともあって、

この点については、

もう少し何とかしなくては、と思っています。