FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
久しぶりの睡眠ネタです。

因果関係はまだ証明されていないようですが、

長時間の睡眠により、痛覚感受性が低下することがわかったそうです。

ご参考にどうぞ。

長時間の睡眠で痛みに強くなる

睡眠時間が長いと、健常な成人では日中の注意力が向上し、痛覚感受性が低下することが、米ヘンリーフォード病院のTimothy Roehrs氏の小規模研究でわかった。研究論文は「Sleep」12月号に掲載された。

研究では、軽度の睡眠不足があるボランティア18人が4晩にわたり、通常の睡眠時間、または一晩10時間の睡眠時間をとった。長時間睡眠群の睡眠時間は通常群に比べ一晩あたり平均1.8時間長かった。その結果、毎夜の睡眠時間が増加すると、日中の注意力が増大し、痛覚感受性が低下した。

長時間睡眠群の被験者では、指を熱源に当てていられる時間が25%長かった。この時間の増加は、被験者が以前参加した研究で、鎮痛薬のコデイン60mgを服用し、同じ痛覚感受性検査を受けた結果よりも大きかった。軽度睡眠不足の人の痛覚感受性が長時間睡眠により低下することが示されたのはこれが初めて。今回と以前の研究結果は、睡眠不足が痛覚感受性を高めることを示唆している。

Roehrs氏は、「今回の結果は、さまざまな慢性疼痛、または待機手術における十分な睡眠の重要性を示唆している。コデインを服用した場合に比べて疼痛感受性の低下が大きいことに驚いた」という。今回の研究は長時間の睡眠と痛覚感受性低下の関連性を明らかにしたが、因果関係は証明していない。(HealthDay News 12月3日