FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
加齢=免疫力の低下、ではないようです。

「年だから…」と、諦めてしまわなくてもいいようですね。

ご参考にどうぞ。

加齢で免疫系が弱まることはない

高齢になっても免疫系はまだ強く、ウイルスを十分撃退できることが、米マクマスター大学(オンタリオ州)Jonathan Bramson氏らの研究で明らかになった。T細胞と呼ばれる特殊な免疫細胞は高齢者であっても若者と同程度の強さでウイルス感染に反応することができるという。研究結果は、「PLoS Pathogens」12月13日号に掲載された。

Bramson氏らは、異なる年齢群(40歳未満、41~59歳、60歳以上)で免疫系が西ナイルウイルスなど3種類のウイルス感染にどのように反応するかを検討した。その結果、3群すべてでT細胞の数も機能も同じだった。

Bramson氏は、「長年、高齢者ではこれらの免疫細胞がないため感染リスクが高いと考えられてきたが、そうではない。高齢者は明らかに、ウイルスに対し免疫を獲得できる。年齢を重ねても、身体は依然として新しいウイルスに反応することができ、過去に曝露されたウイルスに対する免疫は維持される」と述べている。

同氏はさらに、「今回の研究結果は、高齢者のワクチン接種に重大な影響を及ぼす可能性がある。現在、高齢者に対するワクチンはT細胞の反応を引き起こすようにデザインされておらず、高齢者にインフルエンザワクチンが有効でないのはそのためかもしれない。特にT細胞の免疫を生じさせるデザインのワクチンが高齢者にとって有効な予防になるかもしれない」と述べている。(HealthDay News 12月14日)