FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
筋肉が強くなることで、

運動のパフォーマンスが上がるとか、

疲れにくいといった

強くなったという結果がもたらすメリットって

たくさんありますよね。

多くの方が、「強くなった」という結果の方に

意識が向いてしまいがちですが、

実は、強くなるための過程がもたらす効果も大きいのです。

いわゆる筋トレのような運動を行うと、

筋線維の微細な損傷が起こります。

運動と運動の休養中、体内でその修復を行って、

再びトレーニングをする・・・

そのサイクルを繰り返していくことで、

筋肉が強くなっていきます。



この損傷―修復(破壊―再生)のサイクルは、

身体の回復力のシステムそのものなのですが、

絶食後にいきなり通常の食事を摂ると、

内臓に大きな負担をかけてしまうように、

普段からあまり行っていない人
(運動やトレーニングをしていない人)が、

身体を病気や不調から回復させようとした場合には、

身体に大きな負担を強いることになります。

日頃の運動によって、

このこうした損傷―修復(破壊―再生)の

「回復のプロセス」を繰り返しているほど、

いざという時の治癒力も発揮しやすいともいえるのです。