FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
さまざまな健康のチェックの方法がありますが、

爪(つめ)をみることで隠れた健康状態がわかるともいわれています。


代表的なものを紹介すると、

・肝疾患:爪が白くなるのが特徴。

・腎疾患:爪の半分がピンク色で、半分が白くなる。

・心障害:爪床(そうしょう)が赤くなる。

・肺疾患:爪が厚く黄色になり、伸びるのが遅くなる。

・貧血:爪床の色が淡くなる。

・糖尿病:爪が黄みを帯び、基部に赤みがある。


※外の部分に露出している、普段私たちが「爪」と認識している部分を

 乗せている皮膚のことを「爪床(そうしょう)」といいます。



爪の状態によって上記の疾患を示す可能性があるとされていますので、

「あれっ?」と思ったら、まずは専門医にご相談を!!