FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
スクワットをやったことで、

腰をやってしまったという方も

多くいらっしゃると思います。

悪フォーム、無理な重量設定・・・

原因はいろいろなものがあげられるかと思いますが、

きちんと腹圧を保てないことで、

腰に無理が生じてしまっているケースは、

とくに見逃せないですね。

もっとも、ある程度は、

適切なフォームの習得やベルトの装着でまかなえるのですが、

腹圧をきちんと保って腰を安定させる際に、

見落とされがちなのが、足指の使い方です。

実際にやってみていただけるとわかると思いますが、

足指は、長軸方向に伸ばしつつ、床をつかむように曲げていかないと、

腰はしっかりと決まらないものです。

感覚的には、

足指の長さを遠くに延長させていくつもりで伸ばしつつ、

足指全体で床にピタッと吸いつかせる感じで使うと、

腰は、自然に安定します。


そもそもが、足指まで使う意識がないとか、

使う意識はあっても、足指を反らせていたりとか、

床に押し付けるだけの使い方をしていたりですと、

腰(腹)から足指までの連携は生かされません。

(この連携は、スクワットに限った話ではなく立位姿勢などでも同様です)


ぜひ一度、足指にまで意識を向けてみてくださいね。