FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「運動のあとにお腹が空くと感じるのは、思い込みかもしれない」

そんな研究結果が報告されました。

文中にあるとおり、「見返り」という部分がとても大きい気がします。

本当にお腹が空いているのか?

これは、運動後だけのことに限らず、食べる前には、

自分の体にきちんと聴いてみることが必要ですね。


お腹が空いたと感じるのは思い込み!? 運動後は食欲が減退するものらしい

運動をするとカロリーが燃焼し、その結果お腹が空くものだと思いがちです。しかし、どうやら違うそう。米メディア「US News」によると、運動後は食欲が減退するものだと複数の研究により証明されたみたいです。

ブリガムヤング大学では女性を対象に、運動をした後としなかった後でどのように食欲がわくか研究をしました。カリフォルニアポリテクニック州立大学ではもっと総合的に、様々な運動をしている男女を対象に研究。反応と脳活動を元にみると、どちらも被験者の食欲は減退するという結果に至りました。

ただ、運動後は食欲がわかないものの、普段よりたくさんの量を食べがちです。

リーズ大学の心理学者が臨床内分泌学の雑誌で、運動の後に「見返り」としてたくさん食べるのは、ご飯が好きな人たちによく見られると言っています。研究によると、こういった人たちは食をエネルギー摂取と言うよりは快楽と考えていて、美味しい食べ物、特に高脂肪や甘いものを好むそうです。

運動をした後にお腹が空いていればもちろん食べていいですが、本当に自分の体が欲求しているかどうか、よく考えてみましょう。運動したからお腹が空いているはず、もしくは食べてもいい、と思い込んでいるだけで、実際にはそうでもないかもしれません。(2013.03.23:life hacker)