FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
既に、ガムを噛むことで集中力を高める可能性がある、

という研究報告は発表されていますが、

これは、視覚に関係する記憶タスクをこなす際でのことだったようで、

今回の研究結果は、聴力に関係する記憶タスクに及ぼす影響の

研究報告だそうです。

ガムを噛むことで、一時的に記憶も向上するという結果もありますので、

こちらもあわせてどうぞ。

ガムを噛むと頭の働きが良くなる

ガムを噛むと息がリフレッシュされるだけではなく、集中力が高まる可能性もあることが、英カーディフ大学のKate Morgan氏らの小規模研究で示唆された。研究論文は、「British Journal of Psychology」3月8日号に掲載された。

以前の研究では、ガムを噛むという動作は、視覚に関係する記憶タスクをこなす際に集中力を高める可能性があることが明らかにされている。今回の研究では、ガムを噛むことが聴力に関係する記憶タスクに及ぼす影響を検討した。

30人を2群に分け、それぞれに1から9の数字を並べたものを順不同に読み上げ、それを聞き取る30分間のタスクを課した。被験者が「7-2-1」など奇数-偶数-奇数の順序を見つけ出す精度と速度をスコアにして評価した。1群はガムを噛みながらそのタスクを行った。その結果、ガムを噛んだ被験者のほうが噛まなかった被験者に比べて反応時間が速く、正解も多かった。特にタスク終了に近づくとこの傾向が強くなった。

Morgan氏は、「興味深いことに、タスク開始時にはガムを噛まなかった被験者のほうが良い成績を示したが、終了時までに追い抜かれた。これは、ガムを噛むことが、持続的にモニターしなければならない長時間のタスクで集中するのに役立つことを示唆している」と述べている。(HealthDay News 3月8日)