FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
先日、盛岡市内で、特定外来生物に指定されている毒グモ、

「セアカゴケグモ」の雌が見つかったそうです。

セアカゴケグモ:岩手県内で初の確認 関西からの中古車内に

 県は25日、特定外来生物に指定されている毒グモ「セアカゴケグモ」の雌1匹が盛岡市で見つかったと発表した。県内の確認は初めてという。

 県自然保護課によると、24日午後2時ごろ、自動車整備工場で、関西方面から仕入れた中古車の左前輪を作業員が整備していたところ、手元に落ちてきたという。

 セアカゴケグモは体長0.7?1センチ。黒い体の背中に、赤い帯状の模様がある。攻撃性はないが、かまれると痛みや腫れが出る。生物に詳しい作業員は、見慣れないクモだったので県に連絡。その指示で駆除したという。同課は、発見したら踏みつぶすなどしてほしいと呼びかけている。【2013年06月26日:毎日jp】


セアカゴケグモは、攻撃性がなく大人しいが、人が偶発的に触れると咬まれることがあり、

かまれた場所が腫れるとともに、めまいや嘔吐などを引き起こす場合があるので、

注意が必要とのことです。

詳しくは、こちらもご参考にどうぞ。

盛岡市内におけるセアカゴケグモの確認について