FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
年々、ランニング人口も増え、全国各地では、

たくさんのマラソン大会が行われていますね。

走るのは楽しいし、気持ちいいことですが、

これからますます暑くなりますので、ランニングをされる方は、

ぜひともご注意くださいね。

全米ロードランナー・クラブが、暑い季節にランニングをする方々に対して、

走る前に行う安全対策を掲げています。ご参考にどうぞ。


走る前の安全対策

全米ロードランナー・クラブ(Road Runners Club of America)は、暑い季節にランニングをする人に対して、走る前に次のような安全対策をするよう勧めている。

・十分な水分を摂取する。できれば水が望ましい。途中で水を補給できるようなランニングルートを設定する

・屋外の気温が摂氏37度(華氏98.6度)を超え、湿度が70%を超えるときは、屋内で走る

・めまいや吐き気を感じたり、汗が出なくなったり、寒気を感じたときは走ることを止める

・直射日光やアスファルトの道路を避けて日陰を走る

・呼吸器系や心臓に疾患のある人は、暑い時期に走ることについて医師に相談する

・子どもの場合は、最も暑い時間帯を避けて、早朝や夕方に走らせるようにする

・軽量で通気性のよい、薄い色のウェアを着る。長そでや長ズボンは避ける

(HealthDay News 6月27日)