FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
身体のあちらこちらの緊張が抜けないという女性。
(具体的な自覚症状はいろいろとあります)

こういう場合、いろいろな方法論がありますし、

その方の状態によっても、

様々な戦略・戦術があるのですが、

今回採用したのは、「足の感覚を戻す」というもの。

地面と唯一接するのが「足」。

それがしっかりすると、

身体的にも精神的にも拠り所ができるので、

その後の流れが作りやすくなります。

そして、そういう一つの流れを作っていくと、

どうやっても合ってくれない箇所が

浮き上がってきたりもしますが、

目先の症状ばかりに振り回されて右往左往するよりは、

こういう戦略・戦術の中で施術した方が、

「急がば回れ」で結果的に、

早く落ち着いてくれたりもします。


今日の女性は、感覚的に非常に敏感で、

自分の身体の中のいろいろな情報を繊細に拾ってしまうタイプです。

さまざまに浮かび上がってくる自分の身体からの情報。

そういう中で、自分の身体はどうなっているかな?と常に観察し続けている日常。

そのため、常に自分の身体に(無意識でも)意識が向いてしまっていました。

「足」から整えて、拠り所を作って安定させていくという方向性は、

本人に「(自分の身体のことは)気にし過ぎないように」と言ったところで、

とても難しいので、

本人が、自分の体に意識を向けても

「何もないよ~」

というぐらいまで整えきってしまうことで、

自分の身体に、過敏なまでに意識を向ける必要性を無くしていきましょう、

という方向性でもあるのです。


第一歩目としての今日の施術は、まずは上手くいきました。

今日の施術で取り戻した「足」の安定に対して、

次回、来院までの間に

どういう反応・変化が起こっているか楽しみです。